リヒト/RIHITO Photo
2012年4月
« 3月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
リヒト/RIHITO
DETOUR

1976年、東京生まれ。95年より東京でファッションモデルをはじめたことをきっかけに、パリ・ミラノに活動の場を広げ、カール・ラガーフェルド撮影による『Interview』誌や、ジル・サンダーのメインモデルなどを務める。 海外のコレクションで多数活躍したのち、服飾デザインに興味を持ち自らのディ レクションで「CICATA」を立ち上げる。 スクールをブランドテーマの根底に、シンプルかつ上質、ポップにドレスダウンしたスタイルを毎シーズン提案している。


月別アーカイブ: 4月 2012

美味しいご飯は美味しかった

 

小さい頃にやったキャンプでの飯盒炊爨。
美味しかったな〜。
野外で大人数でワイワイやるんだから、それはそれは楽しかった。

よし!
家で一人ぼっちでやってみよう(笑)

 

 


今回は1000円ちょっとで購入できる、スウェーデン製のMESS TINでチャレンジ!
シンプル イズ ベスト なのだ!

 

開封してみると中に取っ手。

 

3秒で取り付け完了。

 

なかなか絵になる。

 

問題発生。フチの切り口(?)が…。
なんというか缶詰のふたの切り口みたいで怪我しそう。

 

探すこと30分。ヤスリ登場。おもいっきり錆びてます。

 

紙ヤスリも使って仕上げ。
ご飯炊くつもりなのに一体何をしているんだろう。
横で電子炊飯器が僕をあざ笑っている。

 

とりあえず1.5合磨いでみた。

 

水加減がまったくわからない。とりあえず適当に入れてみた。

 

ヤスリ掛けの重労働で心が折れたのでガスコンロ。
と言うか、家の中に薪なんて無いし、火のことを一切考えていませんでした。
完全に見切り発車。申し訳ない。

 

大発見! ガスコンロに「炊飯」ボタン… どういうこと?
ガスコンロでご飯炊くイメージ無かった。
どうなるのかわからないけど押してみる。

 

初めチョロチョロ中パッパ!
小学生の頃に林間学校で習った言葉を思い出す。
が、先程の「炊飯」ボタンのせいか、おもいっきり強火で調整不可能…。
信じてみよう。ヤスリ掛けで疲れたんだもの。

 

グツグツ沸騰する音とともに、突然吹きこぼれ始めるがじっと我慢。
すると! 勝手に弱火になった!
感動。

 

「ピッピッピ ♪」って鳴って火が消えた。
これでちゃんと炊けていたらかなり嬉しいぞ。
ひっくり返して10分蒸らすのだ。

1分

2分

3分

4分

5分

6分

7分

8分

9分

もういいや(笑)

 

おーーーーー!
ピカピカふっくら炊きあがっているじゃないですか!

横にある電子炊飯器に向かって勝利宣言!

昔ながら × 最先端 = うまい♪

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。